みんなで大家さんの目的と利用方法について知っておこう

お金を持つ人
  1. ホーム
  2. 保証人が必要なくなる体勢

保証人が必要なくなる体勢

レディ

一人暮らしを始めたい方や新しい地域に引っ越しを考えている方はたくさんの物件から探す必要があります。数多くある物件から自分の好みにあった物件を探し、その物件で契約を結ぶときに出てくる問題が保証人の問題です。賃貸物件での保証人の役割は主に、家賃の滞納があった場合に契約主ではなく保証人がその滞納分の家賃を払うといった責任がありますが、こうした責任は身内や他の誰かに頼みにくいものです。この責任を代わりに請け負ってくれるような企業も最近では多く設立されてきました。基本的には家賃保証としてこういった会社にあらかじめ金額を払っておくことで万が一滞納した場合でも保証人が払うのではなく家賃保証の会社が支払うことができる仕組みになっています。またこれは契約した本人にも有り難いことですが、家賃保証をしておくと家賃の徴収ができなくて利益が上がらなくなってしまう不動産会社としても大きなメリットになるのです。こうしたことから前もって物件自体に家賃保証をしておくことで賃貸物件を借りる際に契約をする方の負担も減らすことができますし、家賃未滞納に対しての利益損失のリスクを不動産会社は回避することができるでしょう。家賃保証は双方にとって安心できる仕組みになっているためぜひ活用しておくべきです。そうすればトラブルに見舞われることもなく賃貸を借りる契約主と賃貸物件を扱っている不動産会社でしっかりとした信頼関係を結ぶことができます。